スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京出版の出版物について

どういう本がオススメかについて書きました.
「「受験対策」」でのオススメ度
S:東大数学で1点でも多く取る方法/ハッと目覚める確率/解法の探求微積分/軌跡シリーズ
A:教科書Nextシリーズ/新数演/微積分基礎の極意/マスターオブ整数
B:スタ演1A2B/一対一/探求確率
C:解法の突破口/数学を決める論証力
D:解決へのアプローチ/マスターオブ場合の数/スタ演3C
E:数学ショートプログラム

難易度
スタ演:試験場で解くべき問題中心。一部試験場では厳しい問題も。3Cは易しめ
新数演:試験場で解けたら差がつく問題中心。世間の評価ほど難しくは無い。難問はわずか。
教科書Next:教科書なので基本問題が多いが,高度な内容まで取り扱うのでやさしくはない。
東大一点:東大の問題は難しいので新数演並。難問もある。常識的な受験レベルの頂点。
マスターオブ整数:整数に慣れてないとほぼすべて難問。慣れていても困るような難問もある。レベルの高い本で,新数演よりレベルは上。とはいえ数オリレベルではない。
マスターオブ場合の数:整数ほどではないが同じような感じの本。
解決へのアプローチ:掲載されている問題は東大京大でも解ける人が少ない難問中心。数オリやそれに順ずるレベルの問題も含まれる。現在出版されている東京出版の本では一番レベルが高いものだと思う。
微積分基礎の極意:「基礎」であって「基本」ではないが試験場で絶対解けなければならないレベルの問題ばかり。2章の内容のみ高度。
数学ショートプログラム:掲載されている問題の難易度は高くないが解法が手品じみたものばかりのトリッキーな本。マニア向け。最後の章の問題は新数演クラス。
数学を決める論証力:難易度は2章までならスタ演~新数演程度だが,解説は非常に高度かつ良質。多重帰納法など趣味的な話題も含む。
3章は完璧に趣味の域。難易度は新数演よりかなり上。マスターオブ整数の「定石が通用しない論証問題」版という感じ。京大でも出さないような問題が多数。解決へのアプローチ並。
ハッと目覚める確率:基礎~試験場で解けたら差のつく問題中心。解説が素晴らしい。
解法の探求微積分:新数演の「微積分」の部分を「かなり」詳しくした感じ。新数演より難易度は上。問題量が膨大。
解法の探求確率:微積分とコンセプトはほぼ同じだが,前半は難易度は抑えられている。ただし後半の章は有名な話題なので当然難しい。受験レベル以上。新数演より難易度は上。
解法の突破口:新数演の上のほうのレベルの問題を詳しくした感じ。難問もわずかに含まれる。

難易度表
①解決へのアプローチ,論証力
②マスターオブシリーズ,ショートプログラム(東大でも難問の部類)
--大学合格に必要なレベルの上限--
③解法の探求シリーズ
④新数演(東大で差が付くレベルの問題),突破口
--身に付ければ一部の大学を除けば受かるレベルの上限---
⑤基礎の極意,ハッ確,スタ演(東大で解けなければいけないレベルの問題)
⑥教科書Next
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

yks

Author:yks
受験生の頃に書いた
京大数学の考察・受験数学の解説・数学の勉強法・参考書のレビュー
を残しています.メインは受験数学の解説です.少しでも受験生に役立てば幸いです.
(最新2つの記事がまとめ記事になっています)
今は管理人は大学生ですが,受験数学についてでしたら答えれますので,質問などあればコメントしていただければと思います.
これからは数学について適当に投稿していこうと考えています.
数式を気軽に投稿できるblogってないんですかね?


最新記事
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。